川根(静岡県)の有機栽培茶 樽脇園 無農薬 無化学肥料 オーガニック 新月の茶

無農薬・無化学肥料 川根茶

新月の茶


■ 標高 : 630m

■ 茶葉 : 一番茶

■ 内容量: 100g

 

【香り】 ★★★☆☆

【うまみ】★★★☆☆

【渋み】 ★★★★☆

【淹れる温度】 70度

【蒸らし時間】 60秒

※美味しくお飲みいただけるのは、2煎目までが目安です。

※これらはあくまでも目安ですので、お好みのお茶・ 淹れ方をお楽しみいただければ幸いです。

内容量: 100g

1200円(税込)

 

約10年前、静岡県の天竜地区で製材所を営む、榊原商店の榊原正三氏が、当園を訪れました。榊原氏によると、満月の時に伐採した木と、新月の時に伐採した木では、品質に明らかな違いがあるというお話でした。そこで、お茶も満月と新月で摘み分けをして、どれくらい味に違いが出るものか、確認したいという申し出を受けました。こうしてできたのが、『満月の茶』と『新月の茶』です。お茶の生産から製造、販売までを一貫して手掛ける当園だからこそできたものと、自負しております。

 

『新月の茶』は、新月前7日間の一番茶のみを使用しているため、数量限定品です。うまみが少なく、すっきりとした味わいが特徴的なお茶です。 ご興味のある方は、ぜひ『満月の茶』と飲み比べをしていただき(水出しもおすすめです!)、味の違いを体験していただければと思います。

 

月のリズムに興味がある方、月のリズムを意識した生活を送りたい方、すっきりとしたお茶が好みの方や、小さなお子様にもおすすめです。

満月と新月

月が地球に与えている影響は、月光と、引力(潮汐力: 潮の満ち引き)であるといわれています。『竹は闇夜(新月)にきれ』。『銘木は新月にきれ』。これを、新月伐採といいます。冬の新月の日に伐採した木は、腐らない、かびない、割れない、狂わない、燃えにくい材になります。新月の時は木の活動が少なくなり、木の中に含まれる水分と養分が、少なくなるためです。月は、水と強く結びついており、満月の方が、新月より植物に水をもたらします。月が欠けていく時には水は根に向かい、逆に満ちていく時には水は上昇して、排気も地上部の成長も、優位になるのです。