川根(静岡県)の有機栽培茶 樽脇園 無農薬 無化学肥料 オーガニック くき茶

無農薬・無化学肥料 川根茶

くき茶


■ 標高 : 630m

■ 茶葉 : 一番茶と二番茶のブレンド

■ 内容量: 150g

 

【香り】 ★★★★☆

【うまみ】★★★☆☆

【渋み】 ★★★☆☆

【淹れる温度】 90度

【蒸らし時間】 30秒

※美味しくお飲みいただけるのは、1煎目までが目安です。

※これらはあくまでも目安ですので、お好みのお茶・ 淹れ方をお楽しみいただければ幸いです。

内容量: 150g

660円(税込)

 

『くき茶』には特有の香りがあり、茎は葉と比べると、香ばしい香りの成分を約1.5倍、甘い香りの成分を約4倍含んでいるといわれています。 また、アミノ酸の一種で、うまみ成分であるテアニンを約2倍含んでいるとされ、甘みの多いお茶であることが特徴です。これは、テアニンは通常、日光に当たり光合成することによって、渋み成分であるカテキンに変化しますが、茎は葉と違い、光合成をほとんどしないためです。

 

1980年代頃から、茎が混じっていない葉だけのお茶が好まれるようになり、当園でも、茎を取り除くための機械を導入して、茎をはじかねばなりませんでした。それでもなお、当園としては、川根茶の茎の持ち味である特有の香り、甘みを楽しんでいただきたいと願い、新たに『くき茶』として復活させました。

 

『くき茶』は、2煎目は他のお茶と比べると味が落ちますが、 お湯の温度を気にせずに、熱いお湯でも美味しく淹れていただくことができます。ぜひ、特有の香りと甘さが口の中に広がるのを、楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

茎特有の香りを楽しみたい方や、毎日さっと淹れて飲む、普段飲み茶としてもおすすめです。葉も茎も粉も、全てを一緒に飲んでいた頃の、懐かしい味に感じられるかもしれません。